展覧会

55 ~聖地チベット展の話~

もう3週間ほど前のことですが

上野の森美術館で開催中の『聖地チベット展 ~ポタラ宮と天空の至宝~』 展へ行ってきました。

そういえば、初めて上野の森美術館へ行ったなぁ。。。

なんてことは、さておき。

入り口のすぐ脇に、白い箱が置いてありまして。
「あなたの守り神を引いてみてください」みたいな説明が。

引いてみました。

縦2.9cm、横9cmでございます。

「守り神」ではなく「守りがみ」になっているのは、「神」と「紙」をかけているのか、かけていないのか…。

不明です。

中身は後で見ることにして、展示会場へ。

生き生きとした仏像郡に圧倒されました。
生き生きと、ってなんか変な文章ですが。
日本の仏像から受ける、物静かに厳かにという感じとは全く違い脈動してる感じといいますか。

ここにしっかりと居るぞ!という感じ。

いや、日本の仏像が存在感がないっていうことでは全くないんです。

ないんですけど。

え~、ホームページから写真をお借りしますと

【ダーキニー立像(りゅうぞう)】

【ダマルパ坐像】

私が言いたいこと、伝わりますでしょうか?

はい、伝わったということで。。。

色々と心惹かれる展示物がありましたが、私が一番長い時間 見とれていた仏像。

それは、出品作品リスト55の【緑ターラー坐像】。

もう、それはそれは綺麗なお姿で。
あまりの美しさに、順路を進んでは戻り。
また進んでは戻り。何回も何回も見にいってしまいました。

警備の方に「あいつ、怪しい…」と思われたに違いない。

あと【ヤマ立像】も可愛かったな~。

展示を堪能し、販売スペースへ。

これがまた、大変で。

心惹かれる音色のシンギングボールとか緑ターラーのペンダントトップとか

amanamana のチベット・マントラ・ヒーリングCDとかThe Blessing Cardとか。

いやぁ、危なかった。

シンギングボールとか買っちゃうとこだった。
危ない、危ない。

でも。

次回、【緑ターラー坐像】にお会いしに行ったときは本当に買ってしまうかもしれない。。。

なにしろ、来年1月11日まで開催してるから。。。

危ない、危ない。

さて。

冒頭の「守りがみ」を開いてみたところ

うわ~!!

私が一番好きな【緑ターラー】だぁぁあ!
一人寂しく、上野公園内で大興奮。

そして、帰宅するために乗った電車で。

見知らぬ若い男性が、緑色のTシャツを着ていまして。その背中には、なぜか【55】という数字が。

嘘みたいな、本当の話でございます。ええ。
出来すぎですが、本当なのでございます。

そしてまた、一人寂しく電車の中で大興奮でした。はい。

世の中面白い偶然がありますなぁ。