展覧会

ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ 書物がひらくルネサンス グッズ編

飯田橋駅より、徒歩15分はありますでしょうか。

初めて印刷博物館へ行ってきました。

 

そこで見たヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱのグッズについて書いておこうと思います。

すでに展示は終了しているのですが。。。

 

このチラシからして素晴らしくて。キラキラと荘厳な輝きを放っております。

今年見た展覧会のチラシの中で、一番好きなチラシです。

 

さすが、印刷会社さんがやっている美術館!とか訳の分からない感心。

 

 

会期中、早い時期に売り切れてしまった、とショップの方が言っていた

マスキングテープ

もう1つの種類は、かなり幅が広かったので迷いに迷って買わなかったのですが。

そうかぁ、売り切れるほどの人気だったかぁ。うむ。

 

2回展示を見に行きまして、1回目の5月末の時は まだどちらも在庫があったのです。

 

 

絵はがき

 

チケットホルダー&絵はがきのセット

 

図録

この装丁が私好みでして。

も、もちろん中身を読むために購入したのです!したのですが、見ているだけで

うっとり。

美しい本って、いいよなぁ、としみじみ思うのでありました。

 

 

「この機会を逃したら、もう入手できないかもしれない」

「いや、でももう本棚は図録でいっぱいいっぱいだし」

「いやいや、そんな些末なことより、こんな貴重な本を購入しないなんて」

 

という、脳内でのやりとりも楽しいというか、苦しいというか。

 

ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅰの図録も置いてありまして。

それにも心惹かれたのですが。かなり惹かれたのですが。

 

 

そうそう、こちらにヴァチカン教皇庁図書館のフォトライブラリが。

図書館というには、あまりにも一般的なイメージと懸け離れていて、かつ、

あまりにも美しすぎるのでありました。

 

 

印刷博物館学芸員の方から、今回の展示についてお話を伺う会に参加したので

そちらについても、いずれ書きたいと思っています。