展覧会

ゴッホとゴーギャン展のグッズについて

 

東京都美術館で開催されている『ゴッホとゴーギャン展』は今日が最終日。

なんか、こう、自分が見てない展覧会が終わるのもしょんぼりしますが、自分が見た展覧会が終わるのもしょんぼりするのって、一体この感情はなんなんでしょう??

次回この顔合わせでは見ることができないんだなぁ、という一抹の淋しさというか。
この中の作品に、いつかまた会えるんだろうか、という切なさでもあり。

さて。

今回のグッズで何が一番嬉しかったってポストカードの種類が豊富だったこと!

全47種類。

うちゴッホ27点、ゴーギャン20点。

それぞれの絵はがきセットまで用意されていて、思わず買いたくなってしまいました。
まぁセットを購入すると軽く図録の金額を越えるんですが、ははは。

で、いま作品リスト見てたらゴッホ作品27作品。
つまりすべての作品の絵はがきが用意されていたということ!?

ゴーギャンは、何度作品リストを数えても19点なんですよね。
あれれ?
私がグッズ売り場でポストカードの数をメモし間違えたのかしら。

まぁ、いずれにせよどちらの作品も全種類用意されていたってことかと。

すごいなぁ。

絵はがきを入れてくれた袋。

この図柄で図録バック、トートバッグそしてTシャツも作られたようです。

自画像3枚を、展示室と同じように並べてみました。

ここの展示スペース好きだったなぁ、しみじみ。
壁紙の色も綺麗だったんですよねぇ。

今回の展示で、ゴッホの描く肖像画が好きだなぁと。

普通サイズの他にA5サイズの絵はがきも何種類かありました。

比較写真のつもりなんですが、お分かりいただけますでしょうか。
絵はがきは白枠がありますが、A5サイズの方に白枠はありません。

 

こちらはマルチホルダー。

私、これ買いそびれてまして。

家族が買っていたのをみて、いいなーいいなーって言ってたらくれました。
ごめんね、でもありがとう!!

マスキングテープも購入。

すごく優しい色合いです。

この他に”ゴーギャンの椅子”と”タマネギの皿のある静物”図柄がありました。

この他にもマグカップ、マグネット、チャームなどなど。
種類が豊富でしたねぇ。

龍角散やハードロックカフェなどとのコラボもありましたしねぇ。
そうそう、展覧会を見た帰りにスープストックで”ゴッホの玉葱のスープ”も食べました。

上野駅構内だったので、偶然隣に座った方もゴッホとゴーギャン展の帰り道だったようで。
一生懸命、作品リストに印をつけているのが印象的でした。
はて、あれは何マークだったんだろうか……

こちらの2つも食べてみたかったのに、気づいたら期間が終わってまして。
とほほ。

1点だけ心残りなのは。いや、スープのことを含めたら2点ですが。
私が行ったときは2回とも閉館ギリギリだったせいか、ガチャガチャができなかったこと。それだけが残念。

ますますゴッホが気になった展覧会。
さっそく書簡集を注文しました。

上中下巻あるのですが、まずは上巻を。

上巻はベルナールという画家にあてた手紙で構成されているようで。
ベルナール自身の作品は今回の展示で1点出てましたね。

ゴッホともゴーギャンとも親交があったと説明に書かれていたような。
どんな内容なのか読むのが愉しみです。