ノーマン・ロックウェル

大掃除で見つかったチケット

2017年が始まり、もう展覧会へ足を運ばれた方もいらっしゃるようで
出遅れているような気が勝手にしています。

何も考えず、ただただ外出できるときと
行けば楽しいんだから、ほらよっこらしょ、と自分を鼓舞しないと
出掛ける気にならない時期があって困ったものです。

と、まぁそんなことはさておき。

昨年末の大掃除で昔々のチケットなどが出てまいりました。

f:id:usakamedon:20170102211210j:plain

懐かしいなぁ!伊勢丹美術館!!

10年前かぁ!!!

嘘です、すみません。

20年前ですね。20年……。

チケットの裏面には

f:id:usakamedon:20170102213751j:plain

>本展は’92年に伊勢丹美術館で大好評を博した「ノーマン・ロック
>ウェル展」の2弾として

との記載。

私が初めて展覧会で図録を購入したのは、まさにこの1992年に開催された
ノーマン・ロックウェル展でした。

あわせて読みたい
初めて購入した図録10年前の展覧会だって覚えていないのに、初めて購入した図録がなんだったのか、なんてとても思い出せそうにないのですが。 でも、恐らく...

クリスマスシーズンになると伊勢丹包装紙がノーマン・ロックウェルに
なった時期があったと思うのですが。

たしか、このイラストが使われた年もありましたよね??

f:id:usakamedon:20170102225427j:plain

『メリー・クリスマス、おばあちゃん 僕らは新車のプリモスで来たよ』

包装紙、取っておけば良かったなぁと今更の後悔。

それにしても会期が25日間というのは短いですよね。
今のようにツイッターやインターネットですぐ展覧会情報が入る訳でも
なかった当時、よく見に行けたなぁ。

同じ伊勢丹美術館で1995年に開催されたチラシとチケットも発見。

《マックスフィールド・パリッシュ展》。

f:id:usakamedon:20170102215057j:plain f:id:usakamedon:20170102215924j:plain f:id:usakamedon:20170102221212j:plain

そうそう、左上の『長靴を履いた猫』覚えてるなぁ、すごく可愛かった。

f:id:usakamedon:20170102221839j:plain

この時は、特に図録もポストカードも購入しなかった模様。

どうした私。いやぁ、若かったからまた見られると思ったのか、それとも
予算がなかったのか(おそらく後者……)。

そしたらですね、1993年に小田急美術館で開催された展覧会のチラシと
チケットがでてまいりまして。

《アメリカン・イラストレーション展》。

f:id:usakamedon:20170102222730j:plain f:id:usakamedon:20170102223117j:plain

こちらで、マックス・フィールドパリッシュの絵はがきを購入した模様。

f:id:usakamedon:20170102225500j:plain

上:『樫の木に覆われて』

下:『アクアマリン』

この2枚が気に入ったのか、2枚ずつ絵はがきを購入しております。

f:id:usakamedon:20170102230024j:plain

左:『その壁は碧玉のようだった』

右:『おひとよしの龍』

あの、その、絵はがきを写真にしてますので。
かなり本物の味わいとは懸け離れておりますので、パリッシュさんには本当に
申し訳ないのですが。

雲の描き方や、パリッシュ・ブルーと呼ばれている(らしい)ブルーの綺麗なこと。

この時は、ノーマン・ロックウェルの絵はがきを購入していないという。
謎、自分の行動が謎。

ノーマン・ロックウェルとマックスフィールド・パリッシュ。

どちらかの展覧会が開催されるなら是非とも行きたい!!ので、もし万が一
そんな情報を掴まれた方がいらしたら、誠に勝手ながらご一報いただけると
大変大変嬉しいです。

お礼は、私の展覧会感想文で……(お礼になってない)