展覧会

アルチンボルド展グッズについての超簡単なメモ書き

f:id:usakamedon:20170625173510j:plain

 

グッズについて、とタイトルに書いておきながら私は絵はがき3枚と図録しか購入して

いないのですが。

売り場にどんなものがあったか、というごくごく簡単なメモです。

売り切れているもの、見落としているものも多々あるかと思います。

 

公式ツイッターで紹介されていた”アルチンボルド アートソックス”は近日発売

とのことでした。

 

 

あれ?でも、購入した方のツイートも見かけたから。

1度、売り切れてしまったようですね。すごい人気!

 

あとフェイスパックは7月中旬発売、とのこと。

どこのメーカーさんなんでしょう、一心堂さんでしょうか??

以前、ゴッホのフェイスパック作られていたから、もしかして???

 

ゴッホフェイスパック

 

 

クリアファイルはA4クリアファイルが2種類ありました。

図柄は、こちらだったと思います。

 

f:id:usakamedon:20170625135309j:plain

 

左側の『夏』が緑色、右側の『春』は赤色の縁取りみたいなのがあったような?

かなりハッキリとした緑色と赤色でした。

 

ロールメモは、『春』と『夏』の2種類があり、

マスキングテープは『春』と『夏』に描かれているモチーフを抜き出したものが

ありまして。

『春』が3種類、『夏』が2種類あるのはみました。

テープの色もカラフルな赤、緑、深い青、黄色とかありまして。

ちょい太さのあるマスキングテープでした。

 

トランプもあったけれど、はてどんな柄が入っていたのか。

 

※ 2017/7/17追記 ※

 公式ホームページを久しぶりにみたところ、ロールメモ、マスキングテープ、そして

トランプの画像が載っていましたので、そちらをご参照くださいませ。

 

マグネットは私が見たのは4種類。

『法律家』、『ソムリエ(ウェイター)』、『司書』、そして『秋』。

 

公式ホームページには全9種類と掲載されています。

私がこの記事を書いた時点では、グッズ紹介に掲載されておりませんでした。

 

食べ物では公式ホームページに載っている野菜ミックスかりんと、はちみつジンジャー

かりんと。

野菜チップスはパッケージも洒落ていたのですが、ちょっとお値段の割に量がですね

私にとっては上品だったため断念しました。

 

図録(2,800円)の他に、コンセプトブックというのが800円でありまして。

A4サイズか、それよりもやや小さかったかしら。

1枚ずつに分かれていまして代表作16点が紹介されている、とのこと。

図録を買うから、と特に中身をみなかったのですが。

見本があったから、せめてパラパラしてくれば良かったです。

 

一番心惹かれたのはリフティングイメージという、絵を立体化したもの。

お値段7,560円。

残念ながら実物の写真が見つけられなかったのですが。

 

横浜美術館のミュージアムショップのホームページに色々なリフティングイメージが

出品されていましたので、ご参考?まで。

ポンポンが売り切れてる!!欲しい!!

 

www.museumshop-yokohama.jp

 

 まったくグッズとは関係ないのですが。

検索途中に、ものすごく大きな『冬』の立体を見つけてしまいました。

 

www.kuriositas.com

 

よくまぁ、このような大きさにしようと思いついたなぁ!と。

 

 

そうそう。

最後になりましたが、絵はがき

『四季(春・夏・秋・冬)』と『四大元素(空気・火・水・土)』の8枚、

『紙の自画像(紙の男)』、『法律家』、『ソムリエ(ウェイター)』、『司書』、

そして『四季』がありました。

 

 個人的にはダ・ヴィンチの素描も欲しかったけれど、さすがにダ・ヴィンチ展じゃ

ないですものね。うん。三菱一号館美術館に期待しよう。

(9月24日までレオナルド×ミケランジェロ展を開催中)

 

じゃあ、せめてアルチンボルドの素描を!!と思ったけれど、ウフィツィ美術館

所蔵品だから、それはそれでまた許可取ったり、なんか色々とあるんでしょうかねぇ。

 

私が購入したのは、『紙の自画像(紙の男)』。

 

f:id:usakamedon:20170625174030j:plain

 

右は切手を貼る部分です。

自画像の実物は絵はがきの色よりも、もう少し茶色が薄い感じに見えました。

これと、もう1つの自画像の絵はがきもあったらなぁ……。(欲張りで、すみません)

 

でも、でも。

f:id:usakamedon:20170625174459j:plain

 

これなんです!すごく素敵ですよね!!

ブルーの色が、なんともいえず!

私の欲しかったウフィツィ美術館所蔵の素描もブルーが美しかった!

 

青灰色と青の淡彩が使用されているが、この色使いはアルチンボルド

特に好んだものであり、作品に優雅さをもたらしている。 

 

と図録の解説にありました。

私も好きです、この色使い!!と叫んだところでアルチンボルドさんには届かない

訳でして。

 

f:id:usakamedon:20170625175802j:plain

 

左:『大地』 首元にあたるのは、こちらに背を向けた牛。

  その牛の、なんと艶めかしい後ろ姿(って思ったのは私だけ??)

  これだけ色んな動物を精緻に描いているのに、ライオンだけ生きてる感じが

  しないのは何故???と思いましたら。

  ”ヘラクレスが持つ毛皮を表す”とのこと。

       彼の”十二の功業”のひとつだとWikipediaが教えてくれました。

  そういう基礎知識が、まだまだなんだよなぁと思う常日頃。

 

雑誌とかで見ていたのと違い、動物にしろ植物にしろ魚にしろ、何しろそのひとつ

ひとつの描写が美しくて驚きました。

例えば『大地』だと動物図鑑を見ている感覚、といえば伝わりますでしょうか。

で、引き込まれるように1つ1つの動物を見ていて、ふと気づくわけです。

そうだ、全体を見てみよう、と。そうすると、あぁ、人の横顔になる!と。

で、また全体を眺めてから、細部を眺めて、という感じで見ておりました。

見るほどに不思議な絵だなぁ。

 

絵の大きさが統一されていないのは、注文主の依頼によるものなのかしら?????

あと、額で大きく印象が変わるんだろうなぁ、とか。

 

  

右:『四季』

  展示のトップバッター。

  これを見たとき「四季」って連作じゃないの???と混乱したのですが。

  これは四季が盛り込まれたバージョンの『四季』とのこと。 なるほど。

  

で、切手貼るところを見てみたら

f:id:usakamedon:20170625182546j:plain

なるほどー!

それぞれの絵から1つモティーフを選んでるんですね!!たぶん。

3枚しか購入してないので、たぶん、なんですが。

 

切手を貼るところまで遊び心溢れてる絵はがき大好きです。

府中市美術館で開催された国芳展もそうだったなぁ。

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

と、おおざっぱな感じですがグッズについては以上です。

 

 

そして、アルチンボルド展の感想を少しずつ書きはじめました。

最初は1章ずつ進めるつもりだったのですが、ついつい長くなってしまって。

もし、ご興味ありましたら……

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com