展覧会

吉田博展 グッズについて

現在、新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の《吉田博展》。

後期展示を見に行こう、行こうと思いつつ……あと2週間ぐらいで終わってしまい

ますね!さて、どこで行こうかな。

 

 

今回は購入した絵はがきとジュニア版ブックレットについて。

かなり絵はがきの種類が豊富で嬉しかったです。 

 

f:id:usakamedon:20170814185348j:plain

上:『タジマハルの庭』

下:『アゼンスの古跡』

 

山や自然も良かったのですが個人的には建物の版画も好きでした。

f:id:usakamedon:20170814185458j:plain

そうそう、切手を貼る部分にあるマーク。

吉田博のサインなのですが、最初見たときは「……傘立て?」と見当違いなことを

思ってしまいました。

油彩画にはこのサインをしてなかった気がして。

版画の展示コーナーになって、ふと「あれ??」って……。

 

f:id:usakamedon:20170814185543j:plain

上:『スフィンクス 欧州シリーズ』

下:『スフィンクス 夜 欧州シリーズ

吉田博は同じ版を用いて場の時刻や大気の状態を変える手法を”別摺”と呼んでいた

そうですが、この手法を用いた版画がいくつかあってとても斬新に感じました。

一番最初に紹介した『タジマハルの庭』と『アゼンスの古跡』も夜バージョンが

存在していて、対比させつつ見ると、あ、夜になると星が、とか、町の灯りが!とか

分かって楽しかったし、なるほどなぁ、と感心してみてました。

f:id:usakamedon:20170814185629j:plain

こちらは3パターンの”別摺”が。展示の並びを忘れてしまいましたが横に3枚並べて

展示されていたので、じっくりと見比べることができました。

最終的には「綺麗だなぁ」という言葉しか出てこないという。

 

 

f:id:usakamedon:20170814185604j:plain

左:『日本アルプス十二題 劔山の朝』

右:『瀬戸内海集 光る海』

 

f:id:usakamedon:20170814185708j:plain

『雲海 鳳凰山

こちらは前記のみの展示だったようです。

油彩で雲海を描いたものもありましたが、私は版画の方が好きでした。

 

吉田博の作品全般的に版画>水彩画>油彩画という順番で好みというか。

なので、水彩画の微妙な色合いの良さと、油彩画の迫力をうまく融合できた版画が

一番好きなのかもしれない、という勝手な結論です。

 

 

f:id:usakamedon:20170814185521j:plain

『東京拾二題 亀井戸』

こちらも前記のみ展示とか。

この作品をみて、ふと川瀬巴水の『亀戸の藤』を思い出しました。

 

f:id:usakamedon:20170814220804j:plain

なるほど、構図も藤の花の色の表現も違っていたんですね。

 

 

 

図録を購入しようか迷ったのですが、私は図版が思ったよりも小さめに思えたので

(その代わり、説明が沢山あってそれも惹かれたものの)購入はせず。

こちらの、ジュニア版ブックレットを購入。

15ページほどの冊子ですが説明が分かりやすかったので。

f:id:usakamedon:20170814185415j:plain

 

ゴッホバージョンもあったので購入。

f:id:usakamedon:20170814185433j:plain

 

 

吉田博関連のグッズは、他にA4クリアファイル6種類と、額絵ポスターが確か

8種類あったように思います。図録の他にも関連本が置いてあったり。

 あとは……すみません、記憶にございません。

 

 

写真撮影可能エリアもありました。

f:id:usakamedon:20170814190347j:plain

 

吉田博の人生と作品を紹介したビデオも面白かったです。

作品の美しさに酔いしれるとともに、吉田博という人物への興味が湧いた展示でした。

今月8月27日まで、興味のある方は是非。

 

 

 ↓ 後期展示へ行き、グッズを追加購入した話を書きました。 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com