ちょっと休憩

メモ帳を変えてみようかな、という話

今まで、ごく普通のA6ノートをメモ用に使っていたのですが。

机の上で書く時はいいとして、美術館で立ってメモをする時には表紙が柔らかくてちょっとな、と。

下敷き持っていったりしたけれど、あまり荷物が増えるのもなぁ、と。

で、コクヨから出ている測量野帳というのが気になりまして。


1959年発売。変わらぬデザイン。 測量野帳

特徴1 耐久性の高い表紙

特徴2 手に持ったままでも筆記しやすい硬い表紙

特徴3 測量方法に適した罫線を3種類

特徴4 ポケットに入る薄さとサイズ

測量ではないけれど、まさに展覧会用にピッタリそう!!

隣町の大きな文房具コーナーなら入手できるかもしれないと行ってみたら。

ありました、ありました。特設コーナーみたいなところに。
いつもあるのか、たまたまフェアをやっていたのかは確認し忘れました……。

そ、想像以上に薄い。

しかし、この表紙の硬さ!これなら頼れそう!?

この箔押しが、何ともいえぬ高級な感じ(1冊216円)。

懐かしい感じがする。何かを思い出させる。
そうだ、学生手帳だ!厚みは全然ちがうけれども、なんだかそんな感じ。

3種類でているうち、私が購入したのはSKETCH BOOKというバージョン。
3mmの罫線です。細かくて、わくわくする。

私、あまり大きな字を書けないので(気が小さいから)小さいと安心するんです。

これを自分でカスタマイズして手帳にしたりする人もいるそうで。そのときは、このマスキングテープを使いたいな。

野帳、しばらく使ってみよう。もう10冊セット購入しちゃうもんね。

そうそう、1枚目の写真で手帳の横に写っているのは同じくコクヨのテープカッター”カルカット”。

マスキングテープ本体を横から挟み込んで好きな部分でカット。
とても細かい歯がついていて、切った部分のギザギザが目立たないという。

私が購入したのは10~15mm幅用なのですが、20~25mm幅用もあるそうです。
色は白の他にピンクブルーがあります。

文房具はいつか使うものだから無駄遣いじゃないんだもん、いいんだもん、という私の中の文房具小僧がいうのでありました。

さてはて測量野帳のデビューはどの展覧会になりますやら。