折り返し地点まできた話

昨年9月に創刊された『週刊ニッポンの国宝100』。

f:id:usakamedon:20180321174853j:plain

ほぼ毎週火曜日に本屋さんへ通って購入を続けております。

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

気がつけば、今週で26号。

国宝のなかから100点をピックアップし、毎週2つずつ紹介するので全50冊。もう折り返し地点まできておりました。

近所の本屋さんでは、1号につき5冊ずつぐらい置いてあったのですが。ここ2ヶ月ぐらいは火曜日の夕方に行っても残り1冊だったりすることが多く。

こ、これは。

これはもう、この書店では私しか定期的に購入している人がいないんだろうか。ここで私が挫折したら、書店の方も発注を止めるんだろうか。

そろそろ店員さんたちに「国宝の人きた?」「きたきた、どこまで買うのか楽しみだね」とか噂されてるんだろうか。されてないか。今後、入荷がなくなったらどうしよう。

続けるか、続けまいか。

続けるなら、毎週書店へ行くのを止めて直接配達してもらう方法にしようか。悩む。

せっかく購入しているんだから、10月に開催されるという第一回 国宝検定を受けてみようかしら。

初級だと、この雑誌から80%出題されるらしいし。

で、問題を試してみたら……

練習問題 – 日販の検定ポータル [ 検定、受け付けてます ]

すでに受かる気がしない。4つの選択肢から選ぶとはいえ、せめて2つぐらいに絞り込めるならまだしも……。

それにしても、公式テキストが『週刊ニッポンの国宝』では検定2回め以降受けたい人たちは大変だろうなぁ。50冊購入しなきゃいけないことになるけど??それとも、専用のテキストが今後発売されるのかしら。

と、今回受けることも決めてないのに、今後のことが気になる今日この頃です。