展覧会

『大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史』 グッズ編

2015年6月28日(日)まで上野・東京都美術館で開催中の

大英博物館展 100のモノが語る世界の歴史』展。

 

SNS利用者、ブロガー向けの博物館ナイトに参加した様子は

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

 今回は購入したグッズについて。

と、その前に。

 

購入したグッズを入れるビニールのデザインが、とても素敵でした。

図柄に使われているのは”アストロラーベ”で、詳しい話はこちらで聞けます。

個人的には大好きな展示品です。美しさと実用性を兼ね備えた道具を創りだした

人たち素晴らしいな、と。

 

このアストロラーベのレプリカがミュージアムショップにあったんですけど

見てしまうと本気で欲しくなるのでやめておきました。

いつか、大英博物館に行ったら!!!(って、置いてあるのかしら??)

 

 

さて、まずは絵はがきから

博物館ナイトで展覧会へ行った際に、絵はがきを購入したことをすっかり忘れ、

2回目にグッズセット券(チケットとフィギュアがセットになった券)で入場した時に

意気揚々と同じ図柄を買ってきてしまいました。

でも好きだから何枚あってもいいし。1枚は飾って、1枚は秘蔵版にします。ううう。

 

 

A4クリアファイルは、2種類のみ購入。他のも迷ったのですが。。。

 

 

展覧会へ行くたび購入しているクリアファイル。

最終的には、どれぐらいの枚数をコレクションすることになるのやら。

 

 

そして、一番楽しみにしていたガチャガチャ。

全6種類のうち4種類集めることができました。

 

え?同じものは引かなかったのか?

 

ええ。引きました。柿右衛門の象がダブってしまって。

可愛いから2つ持っていても良かったのですが、もしかしたら欲しい人がいるかも

しれないし。

誰かガチャガチャ引いた人いないかな~、とショップ出口で待っておりましたら、

ちょうど象じゃないものを引き当てた方がいたので、声をかけて貰っていただきました。

そのとき、思いがけずイフェの頭像と物々交換する形に。ありがたや。

 

 

350円だし、あと4回ぐらい引けば5種類は集められたかもしれないけれど。

同じものを引く自分の能力が恐ろしくて止めました。大人になったものです。ええ。

 

約700万点所有するという大英博物館

そのうちの4つですから1/150万が集まった訳で、ミニミニミニミニミニミニ

大英博物館

できあがりました。いつか、クリアファイル博物館と共にオープンしたいと思います。

 

かなり精巧な作りでして、

ああ、やはりあと2回でいいから引いて来れば良かった。

そんなことを思う今日この頃です。