安田靫彦

『安田靫彦』展で購入したもの

東京国立近代美術館で開催中の『安田靫彦』展で

絵はがきを何枚か購入しました。

 

左:≪王昭君

  

右:≪卑弥呼

  茶臼山古墳から出土した4世紀ごろの玉杖を参考にして描いたとか。

  つまり、着物の柄が魚なのも何か深い理由が?!

  いえ、私の個人的意見ですが、可愛いから好きです魚柄。

  この表情も、うっかりは話しかけられない高貴な感じで好きです。

  あとは、後ろに描かれている阿蘇山の描き方も独特で好きです。

 

  ちなみに、これは九州説に基づいた絵なので後ろの山が阿蘇山だそうで。

  別バージョンでは畿内説に基づいた絵があるそうで。

  検索してみたのですが、これ!という確証が持てませんでした。

  どなたかご存知でしたら教えてくださいませ。

 

 

風神雷神図≫

 

安田靫彦氏曰く、鬼になる前の風神雷神だそうです。

風神様のゴールテープをきった瞬間のようなポーズが可愛らしくて。

同じような構図で『保食神(うけもちのかみ)』という作品があったのですが、

ポーズ的に何か意味合いがあるのかしら。

保食神』は、こちらのページでご覧いただけます。

 

と思ったら。

 

公式ホームページに答えが書いてありました。

 

>風神の両手を広げたポーズは中央アジアの風神アネモスの図像に

>由来すると指摘されている。

 

アネモス。初めて知りました。

 

 

≪黄瀬川陣≫ 

こちらは大判の絵はがき。

大判で欲しかったので、嬉しかったです。

 

左:≪夢殿≫

右:≪飛鳥の春の額田王

こちらの2点は4/19(火)~の展示なので実際には見ていないのですが

ついつい購入してしまいました。

 

 

あー。クリアファイルも欲しかったなぁ。

こりゃ、後期展示も見に行くしかないかな、うん。

本展の半券を持って行くとリピーター割引として100円安くなるって

公式ホームページに書いてあったし。

 

 

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com

 

 

 

.