文房具

文房具屋さんで数十年ぶりに

 シャープペンシルを使い始めて、数十年。

 

文房具屋さんへ行っても、わざわざ君の存在を探すこともなかったし、

もしかしたら、もう使う機会がないかも、なんて思ってたのに。

 

ごめんね、鉛筆。

 

展覧会へ行くようになって、メモする回数も増えてきた今となっては

君なしではいられない。

 

家のストックも、ついに尽きたので文房具屋さんで鉛筆を購入することに。

しかーし。

 

場所が分からない。

シャープペンシルやボールペンなどの売り場は、すぐ分かるけど。

いざとなると、なかなか見つからず。

 

店員さんに聞きました。

 

行ったのは銀座の伊東屋さん。

落ち着いてフロア案内を読めば書いてあったのに。お恥ずかしい。

 

さすが種類豊富!

全部ではないけれど、試し書き用の鉛筆も沢山用意されていて、迷いつつも

3本購入。

f:id:usakamedon:20170312182238j:plain

 削られた状態で売られている商品と、削られていない状態で売られている商品。

この違いは、はて、なんなのでしょう?と今さら疑問に思ったり。

 

一番上はクレタカラー社のもの。

オーストリアで300年以上の歴史がある会社とか。

なんとモーツァルトシューベルトも、このメーカーの鉛筆を使っていた

そうです。

せめて鉛筆だけでも、その才能にあやかりたいと購入。

いや、あやかれないけれど。気は心ってことで。うん。

 

 

真ん中はファーバーカステル社の鉛筆。

こちらはドイツの会社で、世界で初めて鉛筆を製造・販売したそうです。

写真では分かりにくいですが、三角形をしておりまして。

ぽつぽつとした突起は、長時間の筆記でも疲れにくく、かつ、滑り止めの

役割をしてくれるそうです。

 

一番下は、今までも使用している鉛筆と同じuni。

うん、落ち着く。

 

 

さて写真の右下に写っているのはプニュグリップ。

 

 

 ”すべりにくく、持ちやすくなる”という謳い文句に心惹かれまして。

まさしくプニュプニュで、持っていて気持ちがいいです。

説明にも書いてあるのですが、鉛筆の種類によっては少し緩かったりしまして。

今回の3本の中では、クレタカラーに付けると少し緩い感じがしました。

 

っていうか、せっかく突起がついてるファーバーカステル社の鉛筆にグリップを

付けたら本末転倒ですよね。ほほほ

 

 

 鉛筆といえば、鉛筆削りがないと、ということで。

持ち運びができるコンパクトなタイプを探しまして、こちらを購入。

 

 

最初、”ラチェッタ式削り”の意味が分からなかったのですが。

(最近、とみに読解力低下が著しくて……)

通常だと、鉛筆を持ち替えつつクルクルと一定方向へまわし続ける必要が

ありますが

この子は左右に半回転するだけで削れていく、ということらしいです。

らしい、というか、削れます。

手を右に捻り、限界まできたら左に元の位置まで捻る。

それを繰り返すだけで削れてくれます。

 

削りカスを捨てる際、蓋を開けるのに少々苦労しますが。

そのお蔭で、削りカスがカバンの中に散らばることはまずないはず。

 慣れてきたら、もう少しスムーズに取り外しできるかも。

(※追記※3か月使ってみましたが、かなり早い段階でスムーズに取り外しが

 できるようになりました!)

 

とまぁ、メモする準備は万端なのですが。

昨年からメモったものが山積みで、ちっともブログに書いてないという

現実にうなだれる今日この頃です。