展覧会

写楽展のグッズ

何気に、このブログのアクセス解析を見ていたら

 

写楽展 グッズ」というキーワード検索で、当サイトへ

お越しいただいた方が数名いらっしゃいました。

 

す、すみません。

 

 

グッズについては、まだ書いてなかったから

さぞやガッカリされているかな、と。

(してない?)

 

 

私が購入したのは、下記の通りです。

 

 

① クリアファイル A5横バージョン

 

中に仕切りが2枚入っておりまして

重なると歌舞伎の色になるという、見えない?お洒落で

ございます。

 

② クリアファイル A4縦バージョン

 

隈取が、、、何種類?5種類、、、かな?

A4縦の大きさですが、見開きになっておりまして

左右に書類が入るようになっております。

 

③ クリアファイル A4縦バージョン

 

こちらはシンプルなA4縦バージョンです。

図柄は《初代市川男女蔵の奴一平》

表面に図柄が印刷されているのではないので

書類を入れると、図柄は隠れてしまうのであります。

 

④ 絵はがき

 

何十種類あったのか数えてこなかったのですが

私が購入したのは、こちらの2枚

 

左は、おなじみ《三代目大谷鬼次の江戸兵衛》

今回の写楽展の顔、とも言うべき図柄で

チラシなどにも使われていますよね。

 

前々から、この絵って余白が不思議な感じだなぁ、

と思っていたのですが。

 

 

今回の展示で、謎が解けました。

 

 

>「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな」の

>芝居の一場面です。

 

>四条河原において、鷲塚八平次に加担し、

>一平が運ぶ金子三百両を奪う江戸兵衛と、

>彼らに襲われ、大事の金子を奪われてしまう奴一平。

 

>向かい合わせに並べて鑑賞できるように作られたと

>考えられています。

>一枚ずつ鑑賞するよりも、場面の臨場感が

>感じられるのではないでしょうか?

 

写楽展ホームページより引用~

 

 

そうなんです、今回この2枚が並んで

展示されていまして。

 

なるほど!と。

 

武器も持たないのに、前にせせりだし

強気な江戸兵衛さんと

 

刀を持っているし、お金も取られた側なのに

なぜか腰が引けているようにも見える奴一平さん

 

(あくまで私の妄想ですが・・・)

 

 

江戸時代の人たちも2枚かって

並べて飾ってたのかなぁ、、、なんて。

 

 

ちなみに

 

浮世絵1枚のお値段って、当時いかほどだったか

ご存知でしょうか?

 

私は知らなかったのですが、ここに書かれていました

 

そういえば、浮世絵の知識って殆どないなぁ

と思いまして

 

写楽展グッズの他に、この本も購入

浮世絵ミステリーゾーン (講談社プラスアルファ文庫)

高橋 克彦 / 講談社

 

「浮世絵の発展には○が大きく貢献している」とか

なんだか、愉しそうなのであります。

 

 写楽展のグッズについての記事は、こちらです。

usakameartsandcinemas.hatenablog.com