フェルメール

るぷそわーる  フェルメール 光の王国展2

銀座で開催中の『フェルメール 光の王国展2』へ行ってきました。

 

2ってことは、1があった訳で。

ええ、そうなんですよね。行きそびれちゃいましたが。

 

で、どこが違うのかな?!と思いましたら

 

前回は制作年代順にフェルメール作品を並べて展示しましたが、

>今回はその並べ方を所蔵美術館毎に変えてあります。

>「な~んだ、それだけか」と思うかもしれませんが、「それだけ」でも

>かなり見え方違ってくるものですよ。

>自分も実際に足を運び、こんなにも違うものかと驚いたほどです。

 

と、弐代目・青い日記帳さんのブログで知りました。

ありがとうございます。。。

 

 

上野で開催されていた「マウリッツハイス美術館展」。

 

このブログを書かれている方とのオリジナルコラボレーショングッズが

ありまして。

こちらの記事で紹介されています。

 

うーん、悩んだんですよねぇ。

時間がなくて諦めちゃったんですが。

ステンドグラス素敵なのよねぇ。ぶつぶつ

 

 

さて、展示について。

 

 

フェルメール作品37点が一堂に展示されています。

そして、描かれた当時、こうであっただろう、という色彩に

復元されてあります。

 

 

今さらながら、1つ大きな見落としに気づきました。

 

それは。

 

それはですね。

 

 

 

それは、「絵って額縁とセットだよね」ってことです。

 

 

えーーー?今さらー??って思いますよね。

自分でも、今さらすぎて驚いてます。

 

 

係りの方に、「絵だけでなくて、額縁も本物と同じように

復元(?)されているんですよね??」と質問したところ

 

「はい、そうなんです。そういえば、お客様に画家の方がいらして、

額縁で絵の印象がかなり変わると仰ってました」とのこと。

 

 

なるほど、なるほど。

 

 

画集でみる場合、額縁は除外されているので。

頭の中では、額縁がないままの絵が記憶されていた、と。

 

 

先日見た「真珠の耳飾りの少女」の額縁は

比較的シンプルだったので。

恐らく、それで額縁の存在については気づかなかった、、、

のかも。なんて、単なる言い訳ですが。

 

 

 

あの絵の額を、こっちの額と変更したら・・・とか

頭の中で着せ替えしてみました。

 

もし、今度パート3を開催する暁には額縁チェンジコーナーとか

設置してもらえたら個人的には面白いんだけど。。。

せめて、画像だけでも見てみたい。なんて思ってみたり。

 

 

私の中で、額縁&絵のトータルでみた印象としては

「レースを編む女」が一番「!!!」となりました。

 

額縁の色が鮮やかだし、少し変わった感じの額なので

目立ったのかもしれませんが。。。

 

あと、「牛乳を注ぐ女」も好きだなぁ、額縁。

 

 

フラッシュ撮影さえしなければ、カメラでの作品撮影もOKとのこと。

 

しまったー。

撮影してくれば良かったなぁ。。。

 

 

 

で、またしても長くなってきたので。

一旦、ここでクローズしようと思います。

 

次回こそ、ルプソワールについて書くぞー。。。

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com