展覧会

『法隆寺―祈りとかたち』展

2週間ほど前になるのですが、上野で開催中の

『法隆寺―祈りとかたち』展へ行ってきました。

喧嘩を売るつもりはございません。

が、しかし。

”国宝 毘沙門天立像”そして”国宝 吉祥天立像”の実物の美しさはパンフレットやポスターに使われている写真からは想像もできないほどの素晴らしさ、そして存在感でした。

全体ではないものの、一部分に驚くほど綺麗に残っている模様、そして鮮やかな赤。

毘沙門天立像から放たれる重厚な雰囲気。

展示ケースを360度グルグルグルグル回っても回り足りない、離れがたい魅力。6~7周したところで、さすがに怪しまれそうでやめましたが。

グッズは、こちらを購入。

子どもたちが育てた苗木を震災被災地の森へ「緑のバトン運動」とのタイアップ・チャリティ聖徳太子木札。

全国の小中学校で子どもたちが育てた苗木を、東日本大震災の津波で緑が失われた岩手、宮城、福島の沿岸部に植樹する「緑のバトン運動」と本展とのタイアップグッズです。

本展出品作品の聖徳太子像(二歳像)をモデルに、南三陸町産の間伐材を用い、同町内にある工場で作られました。お買い上げいただいた売上から、製造・販売に必要な費用を除いた金額を、同運動に寄付いたします。

~ホームページより引用~

私が購入したのは正面を向いているバージョンですが、もう1パターンは後ろ姿バージョンです。どちらにしようか、しばし迷ってしまいました。同じバージョンでも木目が違うと、また感じが違うので迷う迷う。

美術館を出て正面に見える建物・陳列館で展示されていたのは、

1階では1949年に焼損した法隆寺旧金堂壁画の復元した姿を映像で見ることができました。

2階では全面原寸大で焼損前の姿が復元されており、壁画の配置が分かると同時に、実際の建物の広さを感じることができました。

こちらは無料ですので、お時間ありましたら是非。

後日、こちらの記事も書きましたので宜しければご覧ください。

2年前に初めて法隆寺へ行った際、想像以上の素晴らしさにワクワクドキドキが止まらなかったのを思い出しました。

また、ゆっくりと訪れたい場所です。