レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の挑戦展 グッズについて

 

昨日に引き続き、ダ・ヴィンチつながりってことで2016年1月に

江戸東京博物館で開催された《レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の挑戦展》で

購入したグッズについて。

 

 

まずは絵はがき。

f:id:usakamedon:20170103203111j:plain

左:『鳥の飛翔に関する手稿』第9紙葉表  トリノ王立図書館所蔵

右:『花の研究』アカデミア美術館素描版画室所蔵

 

 

いいなぁ、ダ・ヴィンチの素描。大好き。

この展示では素描が多くて良かったなぁ。

なかでも『ユダの手の研究』の素描が印象深く。

f:id:usakamedon:20170103205016j:plain

この男の人(ユダ)が握っているのは、イエスを裏切る代償としてもらった

銀貨入りの袋とのこと。

この素描は、何度も何度も見に戻ってしまうほど。

素描でこんなにも惹きつけられるって、恐ろしいというか。

ダ・ヴィンチに関しては完成した油絵よりも、素描の方が私は好きかもしれない

などと思いながら見ておりました。

いや、油絵そんなに見たことないんですけど。

むしろ素描の方が多いんですけど。ぶつぶつ。

 

 

そうそう、『鳥の飛翔に関する手稿』は原本が見開き1ページ開かれた状態で

展示されてありまして。

あとは引き伸ばされた各ページのパネルの横に解説がありました。

 

なので、日本に居ながらにしてダ・ヴィンチの手稿を現在3つ見られたことには

なるのですが。

『鳥の飛翔に関する手稿』は1ページしか見てないので、それを見たといえるのか

どうかは審議になるかもしれません。(何の審議やねん)

それにしても、この手稿も日本初公開だったとは。

見られて良かったなぁ。

 

 

絵はがきは、あと1枚。

   f:id:usakamedon:20170103210300j:plain

『糸巻の聖母(バクルーの聖母)』 

バクルー・リビング・ヘリテージ・トラスト所蔵

 

これは大判の絵はがきでして。

f:id:usakamedon:20170103210606j:plain

普通の絵はがきと比べると、こんな感じです。

この『糸巻の聖母(バクルーの聖母)』も日本初公開作品。

 

この作品をみた一番最初の感想が「イエス様が浮いている!」。

なんででしょうか、目の錯覚なのか。

3Dみたいにイエス様が浮き出ているように見えた!と興奮した字でメモが

残っております。

f:id:usakamedon:20170103211348j:plain

イエス様だけ拡大。

この、ほわわ~んとした感じが3D効果を生み出したのかも??

 

この作品はかの有名な”スフマート(ぼかし技法)”が用いられているとか。

でも、ちょっと、こう、輪郭線ぽく線が見える気がするのですが。

全体的に技法が使われている訳ではなく、お試し期間中だったのかしら。

うーん。

 

そして、もちろん図録も購入。

なにしろ、『鳥の飛翔に関する手稿』の全面改定訳が掲載されているとあれば、

もう二度と入手できそうにない感じ(と、言い訳して買いました)。

 

本物は21.3×15.4センチだそうですが、図録は約1.1倍大きく掲載されて

おります。

購入して1年、まだじっくりは読めておりませんが(おいおい)

手元にダ・ヴィンチの手稿があるって贅沢だわぁ、と一人うっとり。

いや、コピーですけどね。

 

『鳥の飛翔に関する手稿』を完全再現した小冊子も売られていたんですよね。

何度も手に取って悩んだのですが、結局は図録で我慢。

数日後、それが売り切れたと知りなんか、ちょっと、後悔。

 

 

今年は、三菱一号館美術館で6月17日からミケランジェロダ・ヴィンチ

関する展覧会があるようで。

素描も展示すると公式ホームページに書いてありました。

今から楽しみで仕方ありません。