展覧会

ラファエロ展 ~グッズ編~

 

現在、国立西洋美術館で開催中のラファエロ展へ

行ってまいりました。

 

三文字で表すならば、大興奮。

 

 

ラファエロさんのことを知らないし、聖書の知識もないから

宗教関係の絵は、ちょっとなー。。。なんて思っていたのですが。

 

 

ルネサンスって、すんごい時代だったんだなーって改めて漠然と

思いました。漠然と、ってのが情けないんですけど。。。

 

 

内容について、今から書き出すと徹夜になってしまいそうなので

先にグッズからご紹介。

 

 

あ。重かったので図録は通販で注文しようと思っているのですが

本展は通常版の他に、ミニ図録もありまして。

それが、とても素敵なんですよ!

 

通常版も、そりゃあ綺麗なんですけど。ミニもいいなぁ。。。

 

 

会場の照明などの影響もあるとは思うのですが、たまに自分が見た印象と違う絵が

図録に採用されていたりしませんか??

今回の図録は、見たイメージに近い綺麗なものが採用されているなぁ!という

勝手な印象をもちました。

 

 

そうそう、グッズの話でした。

 

まずは、定番の絵はがき。

右下の≪エゼキエルの幻視≫という作品も凄かったなぁ。。。

 

 

6枚セットも発見。絵はがきは、ブルーの封筒に入れてくれました。

 

あら。

うっかり同じものを2枚購入してた。。。

≪聖セバスティアヌス≫という作品なんですが、これまた衝撃だったわぁ。

 

 

で、年々家にコレクションが増えていくクリアファイル。

今回はA5版のみ購入しましたが、A4版もいいのがありましたねぇ。。。

 

≪聖セバスティアヌス≫バージョン

 

裏面は、こんな感じです。

 

 

こちらは、≪大公の聖母≫バージョン

 

少しマットな質感なので、これを壁に貼ってもいいんじゃないか!と訳の分からん

ことを思ってしまうほど、素敵な出来上がりです。

 

 

あとはですねー、会場限定のロディのラムネを購入するか散々迷ったのですが

650円だったんでねぇ。

700~1000円あたりの価格設定だと、なーんか無駄遣いしてる感に襲われて

躊躇しちゃうんですよね。不思議だわー。

 

 

そういえば、ガチャガチャは無かったなぁ。

 

 

ラファエロ展の売店近くにある、国立西洋美術館の売店で面白そうな本を購入。

 

イラストで読む ルネサンスの巨匠たち

杉全 美帆子 / 河出書房新社

 

これ、確か別の美術展でも並べられていて悩んだんです。

だから、これは運命の出会いってことで入手致しました。

(650円のラムネでは悩むのに、、、おかしいなぁ)

 

裏話?的なものも載っていて、面白い本です。

 

 

 

ではでは、近いうちにラファエロ展で大興奮したことを書きますので

しばしお待ちくださいませ。。。(誰か、待ってるのか??)

 

usakameartsandcinemas.hatenablog.com